スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
暮らしありき

みなさんこんにちは☆石原聖子です。お久しぶりです(^o^)/


今回は、fdというフリーペーパーを見ていて、「あ、これいいな、いつかブログで紹介しよう」、と聖子鳥のおなかで温め続けていた記事をご紹介します。少し長かったので一部抜粋…したにも関わらず長い…!ですが、見てやって下さい☆


神戸の北野坂にて 珈琲 ん というお店をされている堺晋二さんのお話です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


店のドアの前に立つと「いらっしゃい。」と自らがドアを開き迎えてくれる堺さん。席につき、窓越しに北野坂を眺めていた。雪がひらひらと舞っていた。奥から「寒いでしょう。よかったらこのブランケットをかけてね。どうぞ。」と、差し出されたタータンチェックのブランケット。まるで我が子に接するような笑顔でのほがらかなおもてなし。家族でも友人でもない初対面の人から、こんなに優しく温かに、ブランケットをすすめてもらったことがあっただろうか?と思い返してみたくなる。…<中略>


堺さんの仕事の秘訣


「ん」は年中無休で営業している。毎日同じ表情で、心穏やかに仕事をする境さんの仕事の秘訣は、「自分にとって心地よい生活」にあるのだという。


朝、紅茶とパンの朝食を済ませると、山を登る。そして昼食をとって店に出てくるのが日課。「自分にとって心地良い暮らしをしていればね、思いやりを持って仕事できます。」そう語る境さんのもとには、自分で店を構えたいと願う人が集まってくるのだそう。…<中略>


「自分がどんな暮らしをしたいかを考えてから働くと、仕事を楽しいと感じます。今の若い人は疲れるほど働いてから、こんな暮らししよう、これだけのお金使おうって考える人が多いんかな?でもね、自分はこんな暮らしがしたいから、このくらい働こうって考えると、自分にゆとりができるし、生活はもっと楽しくなると思うんですよ。」と語る。


「お店でお客さんが楽しく心地よく過ごしてもらえることが一番大事です。もうけは二の次、三の次。商売人にとって収益は秘め事ですからね。」


 「ん」の意味は人それぞれ」


人はまず自分の暮らしありき。自分の幸せありき。それについて考えるより先に目先の利益に走っていると疲れてしまう。堺さんが「私のひとりごと」と題し、こんなことを記していた。


「昭和がどんどん遠くなっていきました/今の時代は前へ前へと行きすぎていて疲れます/ここらで昭和の時代にかえって心の癒しでもいかがでしょう/お茶にしてちょっといっぷくしましょう/体のために/あまり働きすぎるとよい仕事ができません/時代おくれの木炭でいりあげた珈琲を喫む/甘さは亦格別 昭和の食器棚と/ハイカラな音曲を楽しみながら/きわめて懸命に商いをしております/昭和のノスタルヂアを話の種に一度おたちよりくださいませ」


このひとりごとが、店の隅々にまで反映されている。店名の「ん」の由来を聞くと、「それぞれのお客さん自身で解釈してもらえたらいい。だから、あえて単語ではないひらがな一文字にしたんです。」とのこと。「ん」は50音の最後。であれば、最後に行きつく落ち着ける場所…?この外国客船のサロンのような空間で、自分なりの「ん」の意味を探してみては?


 <おわり>


と、だいぶ長くなってしまいましたが抜粋して載せさせて頂きました。


私はこの文を読んだとき、とっても素敵だなぁと胸にじんわりきました。


人は、仕事と生活を、切り離せないと思うんです。生活あっての仕事だし、仕事あっての生活だし。そのどちらもが、充実していたり、心が幸せだなって感じていないと、がたがたっとバランスが、崩れてしまうと思うんですよね。例えば仕事がしんどかったり、嫌なことだったとしたら、「生活」のほうでそれを「埋め合わせ」なければいけなくなる。もし埋め合わせのために生活を使うのだとしたら生活が生き生きしたものではなくなってしまうような気がしてなんだか勿体ないしちょっと悲しい。逆でも同じことが言えると思います。


だからその両方に満足していたり、幸せだなぁって感じていないと、境さんも言っているように思いやりを持って仕事が出来ないと思うんですよね。それは自分にとってもしんどいことだと思います。


逆に、堺さんのように満足して仕事や生活をしていれば、多くの人を幸せにすることが出来るのだと思います。勿論堺さんご自身もお幸せでそうで。


結局何が言いたいのか、と言いますと(長くてごめんなさいね^^;)、今就職活動真っ只中のみなさんが「どのようにしたら自分が幸せに働けるかな、これから先どんな暮らしをしていきたいんだろう、どうすることが幸せなんだろう」って一度立ち止まって考えて頂けたらなって思うんです。


堺さんのおっしゃる通り


「人はまず自分の暮らしありき。自分の幸せありき。」


なのだと思います。そうしたら前回たまちゃんもブログで言っていたようにその幸せって反射して、まわりの人も幸せになるのだと思います。


幸せな人を見ていたら自分も幸せな気分になってくるものね☆きっとそういうものなんじゃあないでしょうか。それに幸せな気分のときは人にやさしくなれる気がします。


これから先どんな暮らしが出来たら心地良いのかなっていうのを問い返し続けながら、就活、頑張って下さいね☆もちろん就活が終わっても。私も死ぬまでずっと、たぶんそうなんだと思います。


みんな一緒に頑張りましょう!いつか日本が、しいては世界が、そんな幸せで満たされたらいいですね。


以上、長くなりましたm(_  _)mヾゴメンね


次は誰にしようかなぁ~、今から考えます…!おそっ

スポンサーサイト
【2006/02/28 21:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<「芯」をもつこと | ホーム | 「必死」って何で必ず死ぬって書くんやろ?誰か教えてぇ~>>
コメント
紛らわしいハンドルでごめんなさい。日本人です。http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で見つけてきました。また見にきまーす!
【2006/03/02 21:32】 URL | モロゾフスキー #-[ 編集] | page top↑
自分の幸せって何やろ・・・。思わず立ち止まって考えちゃうね!
【2006/03/01 17:05】 URL | ビーバー #-[ 編集] | page top↑
う~ん。深い。働いてる人も、就活してる人も、学生も...、どんな人も、共通の思い「幸せになりたい」ってのを持ってるんですね☆
奥底にありながら、すぐ忘れてしまったりします。僕もその1人ですし。幸せな人は、どうやって幸せになってるんでしょう??そこから分析していこうと思いま~~っす!!
【2006/02/28 23:23】 URL | sinomiya #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://30colors.blog14.fc2.com/tb.php/72-aac4fdcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。